eop.jpg

結成した時から仲良くしているバンドです

助けたり助けてもらったり。

 

ギターのりょうくんは

日頃から音楽理論書を持ち歩いて

電車の中や、授業の待ち時間など

常に勉強しているイメージです。

僕もたまに理論を教わっています

そうやって

一緒に成長してきたといっても過言ではないです(ちがう)

cafe.jpg

 

この前ゆうとくんとばったり会いました。

変わらず元気そうです

彼の弾くギターはとても良い音

rockだけじゃなく

様々なジャンルとマッチしている音だと思います

スクリーンショット 2016-01-26 13.15.02.png

 

 

そんな彼ら

EYE OF PROVIDENCE

一ヶ月限定で新曲「Babel」を発表しました。

EYE OF PROVIDENCE – audioleaf

とても良い曲です。
アコギの音が良いですね。

最後のアコギソロのところが好きです。

こんなに良い曲を作れるなんて

正直悔しいです。

 

悔しいのでアレンジを分析てみます。

一曲通して聴いてみると

さらっと一曲聴き終ってしまいます。

単純にみえて聴き手を飽きさせない

工夫が散りばめられているようです。

 

全部書いていくと長くなるので

少しだけ書きます。

 

アコギのコードストロークから

曲が始まります

アコギの微妙なタッチで曲の抑揚をコントロールしていますね。

サビに入る前のBでどんどん盛り上がっていきます

盛り上がってサビに行くのかと思いきや

一瞬ブレイクが入ります。一拍だけです。

このブレイクが大事です

セクションの切り替わりを

聴き手側にわかりやすく伝えています。

 

サビが終わったらバンドインします。

ここはびっくり。

 

2番に入ったら

コードバッキングに徹していたアコギが

アルペジオとカウンターメロディをうまく使い分けています

アコギとエレキがお互いを邪魔しないように

フレーズを入れているのも勉強になります。

 

アウトロも勉強ポイントです

アコギソロからギターソロにつなぎます

しかもすぐ終わります。

すぐ終わったように感じているのです。

実際はアウトロだけで30秒ちかくあります。

 

 

 

メロディのサウンドが変わるだけで

こんなにも印象が変わるんですね

 

勉強になりました^^

とても良い曲なので

是非聴いてみてください。

 

そんなEYE OF PROVIDENCE

2/24渋谷ミルキーウェイでライブらしいです。

僕も見にいこうかと思います。

 

ちなみにaudioleafで聴ける

「initium」の頭のギターの音

あのフランジャーは僕のエフェクターです!!たぶんっ

 

 

EYE OF PROVIDENCE

Twitter

HP

広告